グルグルオンライン

ニッチなテーマで社会を考える

【本気で】引きこもりたい人のためのお役立ちグッズ

f:id:good_nuts:20190604130322j:plain

「8050問題」など、「引きこもり」が 社会問題化していますが、時には誰だって引きこもりたいと思うことはあるものです。

この記事では、できるだけ快適に引きこもるためのお役立ちグッズをご紹介します。

 

「引きこもり」は、悪いことだけではない

f:id:good_nuts:20190604170008j:plain

社会に居場所が無いとか、良好な人間関係が築けないとか、自分らしい生き方ができないとか、程度の差こそあれ、誰しもが陥る可能性がある問題です。

さらに、自分を見つめなおしたり、じっくり考え事をしたいときなど、家族と顔を合わせるのも苦痛だと思うことだってあるはず。

「3年寝た郎」という昔話だってあります。「引きこもり」を充電期間ととらえて、前向きに引きこもる選択が許されても良いのではないでしょうか。

 

超小型の冷凍冷蔵庫

お腹空いたけど、台所に行くと母親から「せっかく作った食事にどーして手を付けないのっ!」って、いつもの説教が始まりそうで・・・

そんなとき、食料品や飲み物など自分の部屋で保存・保管できれば、居間(リビングルーム)に接した台所に出入りする煩わしさから解放されます。

冷蔵庫は、冷凍機能も備わっていると、氷を作れるので便利ですね。

 


 

 

手洗い場の確保

「あ、親父が帰ってきた。親父が寝るまで部屋の外には出たくないなあ」なんて思いながら、部屋の中で悶々としていませんか?

そんなときに限ってハンバーガーのソースが手に付いたとか、パソコンの画面を拭くのにティシュを濡らしたいとか、水が必要な場面って結構ありますよね。

それじゃあ簡易手洗い所を作ってしまえば良いのです。

 

 手洗いタンク


 

 

簡易長し台(普通サイズ)


 

簡易長し台(極小サイズ)


 

 

簡易長し台の下には、排水を受けるためのバケツを置きましょう。

手洗い用の水も、ポリタンクに汲み置きしておくと良いですね。

 

歯磨きシート

そろそろ寝る前に歯を磨きたいのだけど、姉が洗面所に長居してるから、行きたくないな~、なんて考えてませんか?

先述の方法(手洗いタンク+簡易長し台)により水は確保できているので普通に歯磨きもできますが、水を節約するには「歯磨きシート」という選択もあります。

これらは、お出かけグッズとして、あるいは介護用品として市販されています。

 


 

歯の表面はこのシートで磨けますが、ブラシと違って歯と歯茎、歯と歯の隙間まではケアできません。

仕上げに歯磨き粉を付けない歯ブラシで軽く磨き、すすぎは一回で済ませるなどの工夫で完璧に仕上げることができます。

歯と歯の間は、糸ようじなどを併用すると良いでしょう。

 

携帯トイレ(小用)

自室でトイレという選択はお勧めできませんが、やむを得ない事情があるときのみ、登山用・災害用として販売されている携帯トイレを使うという方法もあります。

小便用のものは、袋の中に向けて用を足すと、凝固剤により水分が固まり封をして捨てられるようになっています。小便の場合は、匂いはあまり気にならないでしょう。

 


 

 

携帯トイレ(大用)

いや、やっぱり、さすがに大便は、ちゃんとしたトイレで用を足していただくことに努力していただきたいのですが、本当にどうしようもないときにのみ、携帯登山用トイレが販売されているので、これをお使いください。


 

 

最後に

さて、今回の記事では、“自分を見つめなおす”充電期間としての「引きこもり」を行うための便利グッズを紹介しました。

実践した人は、早く外へ出たいと思いましたか?それとも外へ出るのが憂鬱になりましたか?

 

f:id:good_nuts:20190604170059j:plain

ところで、引きこもり状態にあった男性が無関係の人を傷つけるという事件がたびたび報道されています。

これらのインパクトが大きすぎて、まるで「引きこもり = 人格障害」のような目で見られているフシがありますが、短絡的にレッテルを張るのは危険です。

headlines.yahoo.co.jp

 

引きこもりに至るまでには、様々な事情があります。

それらに目を向けると、彼らにとってみれば、我々が生きている世界の方が恐ろしい状態なのかもしれないということに気づきます。

 

虐めに遭って人間不信になった人。

就職氷河期に就職に失敗したがために、行き場を失った人。

親からの虐待が原因で自己肯定感を持てずに悩んでいる人。

複雑になるばかりの世知辛い社会の歪みの中で、適応しきれなかった、“ほんのちょっとだけ弱かっただけかもしれない”人たち・・・。

 

彼らへの理解なくして、永遠に「引きこもり」解決の糸口は見えてこないと思います。

 

そんなことを考えながら、一度「引きこもり体験」をしてみてください。

 

【関連記事 ※当サイト外】

news.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク


 

本・コミック・ミュージック・CD・DVDならセブンネットショッピング

インターネットショッピングで自宅に荷物が届くたびに。

「また余計なもの買って・・・」

奥様や家族からのの猛烈な批判を受けている人はいませんか。

心の中では 「お前だって、無駄なダイエット食品とか、季節ごとに服を買うとか、靴だって何足持ってんだよ!どっちが余計な買い物なんだっ!」

反論したいが、喧嘩するのは、やめておこう。 こっそり、セブンイレブンで受け取ればいいんだ。そうだ、そうだ、そうしよう。

【関連】アウトドア系の引きこもり希望者の方は、下記の記事がおススメです。

 

roomstyle.net